FC2ブログ

ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

少子化対策

日経新聞1面で少子化対策の特集やってます。小泉さんの無策を嘆く内容ですが、せっかくですので、私も考えてみました。

子育てで一番ネックになるのは、何と言っても教育費だと思います。特に私立校と学習塾にかかる費用は大変ですよね。子供一人育てると家が一軒建つと言います。二人育てれば、豪邸が建つ!(都心では無理ですが(^_^;) もちろん、親が金をかけずにちゃんと教育する努力をするに越したことはありませんけれど、そんな精神論では、実際の少子化対策にはならないでしょう。

というわけで、私立を含めた高校大学の学費を、今の公立中学くらいになるよう税金から援助する(つまりほとんどかからないようにする。教材費くらいはかかっても仕方ないと思います)というのが私案です。もちろん、試験は試験で残りますから、受験戦争がなくなるわけではありませんが、それは別問題とします。義務教育のようになっても仕方ありませんから。

根っからの子供嫌いには無駄かもしれませんが、子供に莫大な金をかけるくらいなら、自分たちの趣味を優先するという向きには、効果はありそうな気がしますよ。「一人くらいなら、子供いてもいいかな?」とか、「子供って可愛いネ。もう一人くらい育ててみようか?」とか。

また、こうした理由なら、財源確保のために適正な範囲内で消費税を上げることを検討してもいいでしょう。消費税を財源にするということは、子供を持たない人にも負担がかかるということですが、少子化を防ぐことが国の経済を活性化させたり、年金問題の改善につながることを考えれば、むしろ、正当な理屈と言えます。結果的に税金を払う人口が増えれば、むしろ国の財政の歪みは小さくなるでしょう。

浅薄なアイディアと思われるかもしれませんが、どうでしょうね? 政府の策よりはましってことないですか?




FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】
前のページ