FC2ブログ

ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

帰って来た人々

ここ一週間ほどの話ですが、しばらく音信不通だった知り合いから連絡があったり、メールが来たりということが続いています。多分、今、そういう局面? に自分がいるのかなと考えています。

・3年以上ぶりに知り合いのピアニストが来訪
有名な方ではありませんが、自分の活動を熱心に模索していた女性ピアニストOさんから電話があり、久しぶりにランチをご一緒しました。子供向けとか高齢者向けのコンサートに力を入れており、最近は、知られているレーベルからCDを出されています。そのCDを聞きましたがなかなか素晴らしい。苦労しながら活動を展開する様子に感心。

・ボランティアでアフガニスタンの人道支援に行っていた方からメール
2年ほど前に、Tさんが突然アフガンに旅立った時にはびっくりしましたが、無事帰ってらして何よりです。私の所属しているザ・シンフォニカというアマオケの演奏会に来てくださるということで、メールをいただきました。ありがたや。

・昔一緒に弾いたオケ仲間と街で遭遇
仕事で銀座周辺をうろついていたら、一服するために外に出てきたYさんにばったり。最近どこかで弾いているという話を聞かなくなったなあと思ったら、子育てにかまけていて、バイオリンは弾いていない模様です。バイオリンが凄く上手なのにもったいないなあ、と思いつつ、子育てにかまける心情もよく分かります。

・20年以上前にオケで共演、テレビ番組でもご一緒した人が覚えていてくれた
かつて私が某大学オケの演奏会にエキストラ出演した時のコンマスのHさんに、あるオケの練習でお会いしました。向こうから声をかけて下さったのですが、当時のことをだんだんと思い出しました。その演奏会後、三宅裕司さんが指揮をするという設定のあるお笑い系のテレビ番組にそのオケが出ることになって、私も出演させていただいたのですが、番組の終わりにブラームスの第一交響曲の第二楽章を演奏し、Hさんのソロが延々と流れていたのが大変印象的でした。伊東四朗さんなども出演しており、収録中は笑いっぱなしという、いい経験をさせていただきました。

最近つくづく実感しているのが、人との出会いの大切さです。偶然/必然は関係なく、出会いを大切にすることは、人生にツキを呼ぶのではないかと思うのです。これまでたくさん、いい人と出会って来ました。地方出身なのに、現在の某プロオケコンマスと幼馴染みだったり、大学では学科の教授陣が素晴らしく充実した時期に在籍することができたり(在籍年数が長かったという話もありますが(^_^;)、勤務先の関連で、この上なく素晴らしい演奏会企画に参加できたり。現在所属しているアマオケにも、素晴らしい人がたくさんいますし。

音信不通の方が戻ってくるのも、一つの出会いだと思います。大切に育まなくては。
スポンサーサイト






FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

熟睡願望

数年前に「3時間熟睡法」(大石健一著)という本を読み、感化されました。内容に関する信憑性については正直よく分からないのですが、一日の睡眠時間が3時間で済むなら、随分いろんなことをする余裕が増えます。本を読んだり、テレビ番組の録画やDVDの映画を見たり、そういったことを夜中に回すことによって家族との会話やバイオリンを練習する時間を増やしたり、単純に家で仕事をする時間を増やしたり(これはいつもだ(^_^;)、気功に精進する時間を長く取ったり…。一番のメリットは、自分には時間がないと思わずにすむ、つまり、心の余裕が増えることかもしれません。

この本の効果は、3時間睡眠でも人間は平気だと思いこませることと、3時間睡眠だと人間はずいぶん得をすると思いこませることでしょうね。3時間しか寝てない時に、「今日は3時間しか寝てないや」と考えるだけで眠くなるのは心理で、「今日は3時間寝たから十分だ」と思えば、意外と平気だったりするのです。

ただ、実際に3時間の睡眠で済ませるためには、本当に熟睡しなければならないようです。私の場合、熟睡の修行が足りないようで、3時間睡眠が1日なら平気なのですけど、2~3日を超えて続けるのは、少々無理があるようです。なので、4.5時間睡眠を試みるようにしております。

4.5という数字を取る理由については、お分かりになる方もいらっしゃるでしょうが、人間の睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠が交互に訪れるようになっていて、ワンサイクルが1.5時間。深い眠りの状態にあるノンレム睡眠の間に起きると、その後、ずっと不快になります。逆にレム睡眠中に起きれば、さわやかに目覚める。ということで、3時間でなければ、次は4.5時間睡眠になるわけです。熟睡度にもよりますが、これは実際の経験と照らし合わせても正しそうな気がします。

以前見たテレビ番組で、中国に住む太極拳のある達人は体が緩んでいるので一日2~3時間の睡眠でも大丈夫、ということを言ってましたが、私の太極拳はまだまだ先の長い修行の身で、それほどの境地に達しているわけではなく、今のところ、太極拳だけで対処するのは無理です。

私が熟睡のために実行しているのは、ヨガの屍のポーズ(凄い名前ですね(^_^;)や西野流呼吸法(由美かおるさんがやってるやつ)です。これらは直接的に体を緩めてくれますので、結構効果があります。またこれらの方法により、両手両足がポカポカしてくると、すぐに眠りに落ちます。屍のポーズに通じますが、自律訓練法も効果がありますね。

他に必要なのは、朝起きた後の処置。起き抜けは、やはりどうしても眠さが残っているときも多いです。そんな場合も、呼吸法等で血の巡りをよくすると、頭のもやもやが取れて、いい状態に持っていくことができます。

とまあ、結局4.5時間睡眠の達人のようなことを書いてますが、まあ、いつも成功しているわけではありません。(^_^; そんな時は眠いです。精進精進!

【“熟睡願望”の続きを読む】


FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】