FC2ブログ

ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

あの世とこの世

6/20付けのブログで書いた
「二つの第九」は「あの世」と「この世」、
についてです。ショスタコーヴィチとブルックナーのどちらが「あの世」か、については、大抵の方のご推察の通り、ブルックナーが正解です。

私の不確かな記憶では、ショスタコーヴィチは重い第9交響曲を書いてベートーベンみたいに死にたくないから軽い内容にしたとかいうエピソードがあったかと思います。とすると、この曲はまさに「この世」の曲ですね。

ブルックナーのほうは、第3楽章で間違いなく昇天しそうな気がします。第4楽章が最後まで書けなかったのは必然だったのではないか、とさえ思えてくるですね。

それで、です。ここでは、せっかくなので、天外伺朗さんが数々の著書で説いている「「あの世」と「この世」は表裏一体」みたいな説を、今回の私のオーケストラのプログラムで楽しんでみるのもまた一興かな、と。(おっと、一見際どい世界に来ましたね! でも宮崎駿さんだって同じような世界に入ってるんですよ)

指揮者のキンボー・イシイ=エトウさん、「二つの第九」を実に見事に振り分けてます。両曲のキャラクターの違いは、鮮やか、というほかはありません。でもそれは実は一人の人間の「あの世」の姿と「この世」の姿だったのです。…なんて言うと、面白そうじゃありませんか?

天外さんは、この世にある人間の意識に対して、あの世にあるのは心理学者・ユングの言う「集団的無意識」に類するものと位置づけていて…そのレベルまで踏み込めてないなあ…まだまだな私でした。m(_ _)m
スポンサーサイト






FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

胸ゆるの効果

このところ数日続けて書いている「胸ゆる」(太極拳の動作の重要なポイント。胸周りを意識して緩めること。ただし、名付けた? のは私です(^_^;))ですが、結構即効性があるのも特徴です。

体が固まっているな、と思ったら、ふわあっと「胸ゆる」すると、割とすぐにいい感じになります。朝なんて大抵からだが固まってますから、早い時間からバイオリンを弾かなきゃいけないとか言うときにも効果絶大かも。しばらくは凝ってみようと思います。

おぼろげな記憶では、「胸ゆる」には今朝、目を覚ます時に、若干の覚醒効果があったやうな気も…(ゆえあって、夕べは3時間くらいしか睡眠が取れなかったんす) 緩めるけど覚ますみたいな、面白いですね。ちょうどいい状態に持っていってくれるのかな。


FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

胸ゆるは、バイオリンを弾いている途中でも効く

土日8時間ずつのオケの練習、何とか終わりました。ふう。(^_^;
「二つの第九」の本番は来週の日曜日、すみだトリフォニーです。
 (ご案内はこちら。二つの第九は対照的でなかなかおもろいです。「あの世」と「この世」という感じかな)

今回はNY在住の指揮者に来ていただいた関係で、一週間前の土日が集中練習になったのですが、集中力がどれくらい持続できるかと、緩みがどれくらい自分のものになっているかを確認するには、いい機会だったと思います(練習のご指導は、それはそれは素晴らしかったです)。

土日の課題として設定していた「ナンバ式骨盤ほぐし」「胸ゆる」ですが――
◎ナンバのほうは、ネタ元の「日経ヘルス」に載っていた本来の目的に役立ちました。(^_^; 練習に出かける前に自宅でやって行ったため、音に効果があったかどうかは、確認できず。これは自宅で一人で練習する前にやればいいんすね。
◎「胸ゆる」については、昨日も書いた通り、効果あった気がします。今日の練習では、楽器を構える前だけでなく、弾いている最中にも意識してやってみましたが、なかなかよいです。

でも、もっともっと緩む余地ありますので、精進のし甲斐は、まだまだたくさんありそうです。


FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】