ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

苔がむしたら

20060531163917
苔のむすまでという歌詞がありますが、むしてしまった場合はどうなるんでしょうなあ。
スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

マカロニグラタンの

20060531160914
マカロニグラタンの仲間ですかなあ。


FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

傘がわからない

その昔「傘がない」という歌が流行り、一頃カラオケでも歌ったものですが、今の流行りは安い傘です。安くてもそこそこの質というのは有難いのですけど、難点は傘立てに似通った傘が並び、どれが自分のだか分からなくなることですね。

100円ショップで、いいタグがないか探したことがありますが、いいのが見つかりません。シールという手もありますが、剥がれた実績あります。

傘の持ち手につけやすいストラップとかあったら欲しい気がします。ただし、あまり魅力的すぎると何なので、そこそこチープだけどかわゆいってのがよろしいかもしれません。

まあ、高くて個性的な傘を買えって話もありますが、たわくし高くてもなくすのですよねえ。




FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

平熱の低いたわくし

熱が出ました。38度弱ですが、たわくしは平熱が35度台で、36度5分くらいでも気分が悪くなる体質なので、割とあるほうです。だるいっす。

数年前に入院したときのことを思い出します。腹がねじられたように痛く、そのまま死ぬんじゃないかと思っていたほどだったので、病院に着いたら、看護婦さんが天使様に、ホントに見えました。(お医者様が神様に見えたかどうかは、記憶が定かでない)

たまに体調を崩すと、健康のありがたみがよく分かりますねえ。そんなわけで魔羅作曲の交響曲第難難番(こう書くと凄く難しそうだ)、またさらえそうにないです。やばちょふ。

おやすみなさい。(日が昇ってから寝るとき、英語とかでは、どんな風に言うんでしょうねえ。夜じゃないから「Good night.」じゃないですよね、きつと)


FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

皿椀樋鉋

このタイトルには暗号が隠されいるのだよ、ラングドン君。と、ダ・ヴィンチ・コードに毒されている場合ではありません。(^_^;) さらわんといかんな、そろそろ。魔羅難難の話です。


FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

速読譜

世の中には即毒じゃない、速読とか速聴とかありますけれども、また、速聴の効用はよく分かりませんが、速読はできるに越したことがないことがよく分かります。

で、そんなこととは関係なく、最近必要に迫られているのが、速読譜です。なぜって、オーケストラの練習場以外で楽器ケースの蓋を開ける時間がほとんど取れない日々が続いているからです(土日も結構仕事してることが多いので許してくだせえ>オケの皆様)。なので、速い譜読み力が必要になっとるとわけですたい。名づけて「速読譜」。マラ7ゆえいっそうやばいって話もあり鱒。はは。

速読譜はまあ、たわくしがかつて得意と言われた(今は随分力の落ちてきた)初見と近しい関係にはあるのですけど、微妙に違います。初見の場合は落ちないことが大切なわけですが、速読譜の場合はやはり、細かいところもできるだけ速く分かる必要があるわけです。表現のニュアンスなどもしっかりやらんといかん。そんなわけで、初見とは別種の集中力がいるのではないかと思います。

速読譜とは微妙にずれますけど、最近少しだけ脱力が進化した気がします。思うに、原因は、「あきらめの境地」なのではないかと。漢字にしてみよう――「諦念」。おお、こうすると一種の悟りみたいだ。(^_^;) 実際には全然悟ってないんすけど、あまりに個人練習してない状態で練習に臨んだことによって生じる諦念が、「これはきばっても無意味」ということから脱力を生み、意外といい感じで弾けるときがあっちゃったりする…。んんんん、来週はさらおう。(^_^;)


FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

魔除け

20060510125721
ウチの玄関に置いてある魔除けです。携帯のストロボでの撮影なので画質いまいちなのはご勘弁を。陶芸なんすけど、焼く前は左手に棒を持っていたのだ。棒なくても強そうでしょ。


FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

大リーグバイオル養成ギブス

なまってますね。「大リーグバイオル養成ギブス」。語呂としては、大リーグガイゲ養成ギブスという言語不明のタイトルにしようかとも思ったのです(ガイゲとはドイツ語でバイオリンの意味だす)が、字面と意味とのバランスでこういたしました。そもそも星飛雄馬を知らない人々には何のことやら分からないかもしれませんが、それは仕方ないので、ほおっておきます。

で、長い前置きの割には、比較的知られた話です。ビオラを弾くことは、バイオリンのよい練習になるてなことです。先日、室内楽遊びで南極か、もとい、何曲か、ビオラを弾かせていただいて、バイオリンに持ちかえると、何だか弾きやすくなっているやうな気がしたのですね。ボーイングが軽くなってる感じ。で、これはやはり、バイオリン弾きがビオラを弾くことが「大リーグボール養成ギブス」として機能しているのではないかと実感したわけです。

まあ、多少肩こりしやすくなるということはあるものの、ビオラを弾くことは、星飛雄馬がやったような苦行とは程遠いものです。が、何かやっぱね、普段より重いものもってやるってこともありますけど、似た動作なのに、実は結構状態の違うことをやっているところに、ギブス的傾向があるのかなと思うた次第です。

このままでは、ビオリストの方が「ビオラはバイオリン弾きのための道具ではない!」と怒ると思いますので、付け加えておきますと、ビオラの振動のほうが、バイオリンの振動よりも、脳に心地よいような気がします! だからバイオリンの連中はちゃ○△ぽ○△が多いんだ、きっと。ビオラ弾きには楽しい方が多いです。(フォローになってない)

もう一つの問題は、じゃあ、ビオリストの方のための「大リーグボール養成ギブス」はないのか? ということです。まさか、チェロをあごで挟んで弾くわけにもいかないでしょうし。これはホントにおもりをつけるしかないのかなー。しかし、実は重さの問題だけではなく、右手の圧力のかけ方の練習になるというのが、この話の主眼なので、何かこう、練習用の特殊な弓を、誰かが開発するとよいのかもしれませんぞ。

そういえば、才能教育で、バイオリンの弓を逆さに持って弾く練習ってのがあったやうな気もしますが、それもギブス的練習の一種かな。


FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

山歩きの思索

絶好のハイキング日和で、高尾山は素晴らしき人出でしたが、高尾山頂から陣場山(陣馬山)方面に歩くのは、人が減って丁度よくなるのと、木立の中を進むのとで、なかなか気持ちよろしうございました。10歳の息子は昨年に続くチャレンジで、全行程約20キロを途中しばしばばてながらも何とか中央本線藤野駅まで歩きとおしました。

今回の山歩きで思ったことを少しだけ。

◎ウィーン・フィルの元コンマス、ゲルハルト・ヘッツェルさんのこと
――ヘッツェルさんが亡くなったのは、山歩きの最中でした。もう10数年くらい前でしょうか。当時、私の最高の目標だったバイオリニストの事故死は、あまりに悲しい思い出として心に残りました。あの瑞々しい演奏力の大半は厳しい練習で会得したものでしょうけれども、山歩きを趣味としていたところから得た感性にもよるのだろうなあ、と思うことにしました。そう思えば、ヘッツェルさんが自然に還ったことにも何とか納得がいくかなあと。本場のアルプスと高尾山という絶大なる違いはありますけれども、目に耳に鼻に足の裏に心地よい山歩きは、人間を豊かに育むということはあるのではないですかなあ。まあ、戯言です。

◎杉花粉はやはり悪者ではないかもしれない
――高尾山あたりは、やはり杉の宝庫のようです。で、今の時期はすでに花粉の飛散は概ね終わっているのかもしれないけれども、少量の花粉はまだ飛んでいるようです。ハウスダストアレルギーで、花粉にも反応してしまう私は、今回一応、対策としてマスクを持って行きましたが、山の中では鼻がむずることがまったくなく、マスクは不要でした。ところが、下界に下りて車が走る道路を歩き始めた途端にむずり始めたわけです。断定はできませんが、やはり一部の説としてありまするがごとく、花粉と排ガスが反応して悪さをしている可能性は結構あるのではないかと。やはり人間のやることはろくなことがないというか、自業自得というか、何とかして欲しいものですねというか、何とかしなけりゃねとういか…

◎GPS携帯のGPS機能は、圏外でも使えるようにしてほしい
――auのナビウォーク、大変便利なのですが、圏外でもGPSが使えるようにしていただけるともっといいなあ。山では頂上など見晴らしのいい場所以外では圏外のことが多いのですけど、GPS機能だけで使えると、自分がいる場所の確認とかできますもんね。しばらく前に山男の知り合いと話していて、山登りをする人の間では、遭難に備えてGPS携帯を使うのが常識となっているなどと聞いたのですが、圏外で遭難したら使えないじゃん! あるいはナビウォーク以外のアプリケーションで使えるのでしたら、教えてくだせえ、どなた様か! しかし、山だと、ずっと基地局を探しているせいか、割と早くバッテリーがなくなってしまいました。これも遭難したときに困る要因になりそうな気が…。


ところで、同じ20キロでも山道を歩くのは、普段都会で安穏と暮らしている身には大変ですが、昨年の経験を生かして、下りのスピードを緩めたら、膝を笑わせずにすみました。


FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

桜と紅葉

200605041227274
200605041227272
20060504122727
高尾山から陣場山へ向かう途中の小仏城山で見かけた八重桜と紅葉の響宴。


FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

何が素晴らしいか?

昨日は、バイオリン+ビオラのカップルの結婚パーティ二次会で、モーツァルトの協奏交響曲の、今日は、バイオリン+コントラバスのカップルの結婚パーティ二次会で、ストラヴィンスキーの「プルチネルラ」組曲の、それぞれTUTTIのバイオリンパートを弾かせていただきました。

やはり、愛は素晴らしいですなあ。どちらの曲も、各ソロは大変だと思いますし、そもそも結婚式の準備でさらう時間も限られていたでしょうに、愛は素晴らしいです。

おかげさまで、こちらまで、楽しませていただきました。ダンケシェーン。多謝。

しかし、真面目な話(が好きっすね、ここんとこ)、呼吸を合わせることは愛を育みますから、音楽はそのツールとして、大いに役立つのではないかと思います。

そりではまた。


FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。