ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

メト礼賛

秘密兵器を仕入れてみました。

というか、仕入れてみたら秘密兵器でした。

メトロノーム。

以前から電子メトロノームはウチに奥さんのがあって、使わせてもらうことはできたわけですが、また、居間にある電子ピアノにもメトロノーム機能がついているわけですが、とりあえず自分専用でバイオリンのケースの小物入れに入るやつがあるとよいなってことで、渋谷ヤマハに出かけて物色。

結局たわくしが購入したのは、ヤマハ製のME-300というやつです。電子メトロノームなんて、それほどたくさん種類があるわけではなさそうなので、持っている方もいらっしゃるでしょうけど、思いのほか性能がよいのにびっくり。

特徴は――

・小ぶりなわりに音質がいい
・比較的でかい音が出る
・16分音符刻みなどに設定できる(例えば四分音符=60の場合は、240に打ってくれるわけです ピコココピコココピコココピコココ…って感じ。「ピ」が拍の基本)

以前ホチキスを10数年ぶりに買ったときは性能の進化に感動いたしました(留めやすく失敗がなく針がたくさん入ってしかも小さい)が、今回も、商品開発というのはどの世界でも進んでいるのだなあと感心しました。特にこの16分音符刻みというのが実用性高し、です。四分音符=100の練習を200で八分音符取りしてやることはありますけど、400という目盛りは通常ないのでできないですから。何かメトロノームを使おう、という気にさせる一品、とまで言うと誉めすぎかな(飽きないようにしないと(^_^;)。

んなわけで、シュマ2の2楽章に臨んでいるわけですが、四分音符=80から始めて、とりあえず100を少々越したところで本日はタイムアップです。目標の130はまだ遠し、です。しかし、シュマ2、勉強になります。脱力せんと弾けんから。

※ちなみに、ウチの奥さんはクリップ型のセイコー製の超小型電子メトロノームを入手。これも、16分音符打ちの機能付きです。やはりメトロノームは一人一台の時代でしょうか。
スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

蜘蛛

目の前に円柱状の巨大な蜘蛛の巣。中では主がじっとこちらを見ている。私は蜘蛛の巣を振り払って前に進むべきかどうかを考えあぐねている。このまま巣ごと天麩羅にするとうまいんじゃないかなどと考え始めたところで目が覚める。

やっと書けました。2日の朝には見なかったので、これが初夢といふことで(Wikipediaには3日の朝見る夢でもよいことになっている)。冨士でも鷹でも茄子でもありませんが、蜘蛛というのは果たしてどうなんでしょ?

「蜘蛛 夢診断」でぐぐると、がんじがらめだとかストレスだとかなかなか何な結果が出るのですが、初夢だし、朝蜘蛛を見るのは縁起がいいということで、よかったことにしておこうと思います。芥川龍之介の「蜘蛛の糸」の話もありますし。がんじがらめの主を天麩羅にして食ってしまうとどうなるんでしょ。はは。


FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

ネバネバトロトロの復習

あけましておめでとうございます。

30日から今日まで恒例のSオケお正月スキーに参加してきました。

悪天候情報で慌ててスタッドレスタイヤをつけてしまったのですが、結果的になくてもしのげた道路状態でした。まあ、安心料ということで…

滑った日は天候に恵まれました。大体晴れたし、風はほとんどなかったし。

で、今回のスキーの収穫です。

――ネバネバトロトロ運動の復習

ですね。

これはMさんに教えてもらったゆる体操の高岡英夫さんのスキー術なのですが、今回特に実感できたのは、スキーの裏にトリモチがついたやうな感覚(※)でターンをすると、内側の足の動きが自然になるということです。映画「私をスキーに連れてって」で三上博史が原田知世に「内足を持ち上げないで」とアドバイスするあれが、自然にできるという感じでせうか。

※トリモチ感覚=ネバネバトロトロな感じ



それとは別に、ふっと上半身をゆるめると、下半身が安定してよかたです。楽器に応用できればよいなあ。


FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。