FC2ブログ

ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

バイオリン上達と太極拳

太極拳というと、「健康体操」と思う人もいれば、「見た目を超えて強い武術」と思う人もいるでしょう。中国武術には気功的要素が強くある上、ゆっくり体中に染み渡るような感じで血液循環が向上したりするので、健康にいいのはもちろん、あのゆっくりした動きとは裏腹に、達人は強大なパワーを発揮しますので、実際「強い武術」だったりします。

例えば、数年前にヒットした香港映画「少林サッカー」でも、最後に一番強さを発揮したのは、太極拳でしたね。

太極拳は、下半身を強くし、バランスの取り方や重心の下げ方などを中心に、体の使い方全般を上手にします。なので、他のスポーツをやる人にとっても、テクニック向上の一手段となります。そして、当然、バイオリンの弾き方の向上にも役立つわけです。

太極拳では、「脱力」が大変重要な課題になります。無駄な力をいかに抜くかということです。武術的には、例えば余分な部分に力を入れて相手を打つと、その余分な部分の力が、効率的に打つ邪魔をするため、トータルとしては力をたくさん使っているのに、相手に伝わる力は却って弱くなります。

バイオリンの場合も、余分な部分に入れた力は、本来使われるべき力を邪魔する上、力の入る方向も分散するため、大きな音もいい音も出にくくしてしまいす。それゆえ、太極拳の「脱力」法を応用できるわけです。

例えば、肩に力が入っていると、弓を通じて適切に力が伝わりにくくなるため、肩の力を抜くだけで、バイオリンの音はよくなりますが、抜こうと思うだけではなかなか抜けないのが、余分な力というものです。太極拳では例えば二十四式で一番最初にやる「起勢」という、ただ両手を上前方に上げるだけの動作があり、そこで、徹底的に肩の力を抜く練習をします。だから、「起勢」は、バイオリンの音をよくするのに、大変役立ちます。
スポンサーサイト






FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuao.blog10.fc2.com/tb.php/11-fd609abc

下半身を鍛える!!

{/roket/}{/onpu/}{/hand_iine/}ダンス経験が浅いにもかかわらず、すごく上達が早くて、『うまい!』っていう人がいますよね。{/eq_2/}なぜなんでしょうか?天性!?それとも努力!?実は、下半身に秘密が隠されてそうです。というのは、ダンスを踊るときには、いかにも『な

  • 2005/12/05(月) 14:10:57 |
  • ドクターToshiのダンスクリニック Return