ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

62歳と79歳(バイオリンと太極拳)

先日ヴィヴァルディの「四季」を共演させていただいたヴェルナー・ヒンクさん(ウィーンフィルコンサートマスター)は、62歳。まだまだ壮年というところですね。一緒に弾いているだけで、上手に弾けてなかったところが上手くいったような気分になったのは先日書いた通り。

一方、最近、79歳の女性の先生に太極拳を教わる機会を得ております。体がぴんぴんしていたり、年齢をまったく感じさせない動きをするのはもちろんのこと、何だかお顔に皺がほとんどない、というのに、感心いたしました。で、この素晴らしい先生と一緒に太極拳をやっていると、何だか体がちゃんと動いているような気になるのですね(部分的にですけど)。そう、ヒンクさんと同じ現象なんです。

「マジック」です。タネというわけではありませんが、ヒンクさんと太極拳の先生の「マジック」について、なぜそんなことが起こるのか、理由を考えてみました。以下、考えられる理由の候補です。

1)オーラが出ていて、そのオーラにこちらも動かされている。
2)偉い先生と一緒にやっているので、緊張感が生まれ、それがプラスに作用して、普段以上の力を出すことができる。
3)目の前にイメージトレーニングの見本がいるので、イメトレに即効性がある。
4)呼吸を一緒にしているので、呼吸の極意に少しでも近づくことができる。それがよい演奏や演技につながっている。

どれでしょうね? 全部って感じですかねえ。
スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuao.blog10.fc2.com/tb.php/145-307e9fe7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。