FC2ブログ

ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

サウンド・オブ・ミュージック

ご存知の方がいらしたら、教えていただきたいのですが、「サウンド・オブ・ミュージック」ではトラップ一家の子供は7人です。これはやはり、「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」の7つの音をうたわせるための人数設定なのでしょうか。実在のトラップ一家は本当は何人だったのでしょうねえ。本当に7人だったら、偶然の妙ということになりましょうが、さすがにそんなことはないのかな。

私がこの名画を初めて見たのは小学生の時で、確かロードショーで見たように記憶しております。今はDVDになって、語学の教材として使えたりするんだから、いい世の中になったものです。何度見ても、ザルツブルクの美しい自然と素晴らしい音楽の絡み合いが、初っ端から、見る私を感動の渦に引きずり込んでくれます。

ちなみに私は下から3番目くらいの、ちょっとラテン系ぽい女の子のファンなのですが、今はどうしているのでしょうねえ。
スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

コメント

つあおさん、こちらのブログでの集客はどうだったかな、と思いのぞいてみたら、サウンド・オブ・ミュージックの話題でしたね。

高校2年のとき、英語の聞き取りの授業、教材が「サウンド・オブ・ミュージック」でした。一番初めに見たのは、テレビで幼稚園くらいじゃなかったかな。それから何度見たことか(笑)

トラップ家の子供たちは実際、本当に7人ですよ。(ただ、マリアとトラップ大佐にはのちに子供が3人生まれたので、10人兄弟になりましたが)名前は、映画とは違っていたと思います。(3年前、トラップ家のお手伝いさんだった人が開いたザルツブルクのレストランで知りました。すごい数のトラップ家の写真が貼ってありましたよ。現在の役者さんたちの写真もありました)調べてみよう…。

調べてみました。(はやい。^^;)
長男ルーペルト、長女アガテ、次女マリア、次男ヴェルナー、三男ヘトヴィク、三女ヨハンナ、四女マルティナだそうです。

ラテン系の女の子というのは、あの本好きの子ですね。彼女は俳優一家の出身だったように思います。上から3番目の金髪っぽい女の子は、あまり目立たず可哀想だなあと思った覚えが。

  • 2005/05/25(水) 11:55:18 |
  • URL |
  • なおこ #fqOfIfQI
  • [ 編集]

なおこさん、いらっしゃいまし。

本当に7人とはびっくりです。日本が舞台だったら子供は5人かな、とか、下らないことも考えていたのですが、あの子供たちはもう歌うことが運命づけられていたのですね。ということにしておこう。

ここまで来たら(ってどこまで来たのだろう(^_^;)、一度、ザルツブルクから山越えしてみたいものですね。

  • 2005/05/25(水) 15:46:44 |
  • URL |
  • つあお #t0zgkANM
  • [ 編集]

昨日はお疲れ様でした。

ちなみに、ザルツブルクから山越えをすると、本当は敵国のドイツに入ってしまうという…。知ってました?しかも、ヒトラーの別荘のすぐ近くに出てしまうんですよ。

大人になってから、映画を見るたびに突っ込んでしまいます…。ああ、哀しい。

ザルツブルク、行くべきです!

  • 2005/05/27(金) 12:52:50 |
  • URL |
  • なおこ #fqOfIfQI
  • [ 編集]

昨日はウィーン音楽の神髄に触れる大変貴重な一日でした。その話はまた別に書くとして…

ザルツブルクから山越えするとヒトラーの別荘の近くに出てしまうとは、驚き桃の木山椒の木。さすが、御米国製の映画です。(^_^;)

でも、ザルツブルクの自然にはすぐにでも触れに行きたいものですじゃ。

  • 2005/05/27(金) 16:32:36 |
  • URL |
  • つあお #t0zgkANM
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuao.blog10.fc2.com/tb.php/15-4888ac52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。