FC2ブログ

ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

有名人とトイレ掃除

長らく鍵山秀三郎さんの著書「掃除道」関連の話題を続けてますが、その基本は「公共トイレの掃除」なのですね。私は掃除道にはまっていると言いながら、まだその域に達しておりません。しかし、いずれ、「公共トイレ」にはチャレンジせねばと思うております。

ところで、「トイレ掃除」というキーワード、有名人関係でも結構ヒットする例があるようです。見つかった範囲でまとめてみました。一応鍵山さんから――


鍵山秀三郎(イエローハット会長):「掃除道」を著す。経営者自らトイレ掃除を初め、はや半世紀。強制はしない。だんだん共感者が増える。公共トイレの掃除で暴走族が更生した例も。今や掃除道は海外にまで広まっている。
※参考HP(日本を美しくする会 掃除に学ぶ会)
http://www.souji.jp/utukusikusurukai.html

ビートたけし:師匠に命ぜられて今まで30年以上、トイレ掃除をやり続けてきたとのこと。それが、芸能人としての成功の秘訣? 凄いのは、トイレに入るとき一番汚いところを選び、出てくるときには便器がピカピカになっているのだそうな…。
※参考HP
http://www17.ocn.ne.jp/~ohisama/toiresouji.html

細木数子:トイレ掃除をすると美人になるのだそうです。理屈としては、分かります。例えば恋をするときれいになる、という現象と似てるんじゃないかな。トイレ掃除をすると心がきれいになりますから、外面にそれが現れるということは十分にありうる。
※参考HP
http://maremi.ameblo.jp/entry-41c22e526f9b76d799cb4d3dbed04743.html
ちなみにこのHPの人、トイレ掃除をするようになったら、タンスからお金が出てきたそうで…まあ、そういうこともあるかもね(^_^;)

斎藤一人:トイレ掃除で頑固を直せばお金が入ってくるとのことです。そういうことが載っているというので、わざわざ「斎藤一人の百戦百勝」(小俣貫太著)という本を読んでしまった。面白かったですけど。


しかし、驚いたのはビートたけしさんですね。私はいずれ、鍵山さんに共鳴した人々が活動している会などのトイレ掃除ボランティアにでも参加しようかな、なんて思ってたんですけど、たけしさんは、そんな会の活動に頼ることなく、一人で実践しているわけですから。いやはや、私なんぞは、まだまだ甘いですね。一人なら今日明日からでもやれるわけですから。

また、細木さんの参考情報HPの筆者が書いてらっしゃいましたけど、「飲食店は、トイレのきれいさが次の来店の目安になる」というのは、共感できます。ファミレスみたいにトイレ掃除がマニュアル化されているところでも、何となくトイレが汚れている感じのする店、ありますからねえ。そう言えば、「トイレは店の顔」なんて言葉は随分昔からあります。何かこう、特別の場所ってことですよね。だから、ことさら掃除にこだわる意味がある…。

そもそも、日本人のトイレに対する思いは、結構特別なのかもしれません。谷崎潤一郎が「陰影礼賛」で厠の味わいを説いたのは、中学だか高校だかの国語の教科書で知ったところだと記憶してますが、近年ではウォシュレットなどのシャワートイレの普及も、インパクトがあります。海外では今ひとつ普及してないのですよね。でも、シャワートイレのおかげで、トイレが快適空間になっているような気がします。これはやはり、日本人のトイレへの愛が生んだものではないかと…。
スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuao.blog10.fc2.com/tb.php/178-0ef6dadf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。