ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

半身浴と緩みとバイオリン

富士山のふもと。昼間の最高気温0℃かもっと低いくらい、最低気温氷点下6度かもっと低いくらいの気象の中、土日にオーケストラの合宿が行われました。「寒い!」という情報を事前に得ていたので、重ね着していたのと、最近やっているネバネバ歩き(高岡英夫さんの「ゆる体操」の一種。何だか、あったまる!)が奏功してか、全般的に他の人ほどは寒さを感じなかったようです。それにしても、夜中の3時頃食ったカップラーメンは美味かった。

二日目の朝、朝食の前に、宿から富士山を望める絶景の露天風呂に入ったのですけど、まあ、しばれるような寒さのはずなのに、露天風呂の気持ちよさは格別でした。頭寒足熱!

で、しばらく半身浴しました。ホント、体が温まります。自宅でも時々半身浴を20分くらいした後、もう少しで寝つつある2歳児を起こさないために、寒めの部屋に避難していることがあるのですけど、少々の時間暖房のない部屋にいても、今年みたいな寒い冬でも寒くない。湯冷めしたくなかったら、全身浴よりも半身浴ですね。

今回の半身浴でもう一つ分かったのが、緩みの効果。快眠を誘う方法として半身浴が紹介される理由が分かります。他のメンバーが寒い寒いと言ってる中、あまり寒さを感じなかっただけではなく、どうも体が「緩み」を得ていたやうなのですね。その緩みのおかげでバイオリンを弾くのが普段よりも随分楽で、肩や背中も全然凝らない。全身の血流が思いっきりよくなっていたのでしょうね。

ただし、休憩時に外で寒さを拾って来た後は、「緩み」はあっちに行ってしまい、普通の状態に戻ってしまいました。肩凝った。(^_^;) ぜひ、あの「緩み」の状態をまた再現したい! というのが、その後の希望です。楽器を弾く前は毎回半身浴! なんてわけには行きませんからなあ、さすがに。(^_^;) 

思うに、下半身を重点的に温めることが全身の血流促進につながり、楽器を弾くにもいいコンディション作りに役立ったのではないかなあと考えております。へその下の丹田近辺を温める気功などには、大いに共通する側面があります。状態再現の道はありそうですね。
スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuao.blog10.fc2.com/tb.php/187-3aaccec4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。