FC2ブログ

ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

西野流呼吸法の効用

そもそも、西野流呼吸法を始めた目的の正確なところは、もうあまり思い出せません。本を読んで「細胞が活性化すること」と「緩むこと」に大きな興味を持ったからだったような気もします。

が、現在、やっていてとてもよいなと思うのは――

◎稽古が終わると体が軽くなった感じがすること。緩んでいるからだと思います。
◎稽古の最中、血が全身の隅々をめぐっているなあと実感できること。これはかなり気持ちいいです。
◎稽古で大笑いするので、ストレスが発散できること。
◎対気で体がはじける感じがしたときに、ストレスが発散できること。

どうしてもストレスの多い世の中ですから、それが思いっきり発散できるのは素晴らしい。万病の元であるストレスの発散は、おそらく健康増進にも寄与しているものと思われます。他の塾生の人が「ここに来てなかったら、会社やめてたと思う」と言っていたのにも納得できます。

時々謳われている「運がよくなる」というのは、私、実は元々かなりツイテるほうなので、よく分からない。(^_^;) ツキが落ちてないという意味では効用が発現していると言えなくもないでしょう。

逆に、効用として期待していてまだ現れてないのは――
◎ハウスダストアレルギーの解消
◎緩みが生み出すはずのバイオリンの音の劇的な向上
あたりですね。

まあ、効用がすでにあるわけですから、贅沢な悩みとも言えます。(^_^;)

ただ、アレルギーについては、一時的に改善することはあります。稽古が終わった直後、副鼻腔のあたりにできる鼻茸がしぼんでいて、息が極めてスムーズに通っていることがあるのです。これは24時間呼吸法をやっていたら、鼻茸はない状態を維持できる、ということなのかもしれませんね。

そうそう、一つ思い出しました。素晴らしきチェリスト、パブロ・カザルスが90歳を過ぎてもチェロを弾けたのは、「真の緩みを会得していたから」というようなことを本人がある本の中で言っておりました。というわけで、年を取ってからもバイオリンを弾けるように、というのも、始めた理由の中にありましただ。
スポンサーサイト






FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

コメント

西野式と相性判断

つあおさん
こんちは。
わたしがむかし西野式通ってたとき思ってたのですが、二人一組で対面するじゃないですか、そのとき、すっごく気の合う人だとうまく飛ぶんですよ。それも不自然とか単にパワーが強いとかじゃなくて気持ちよく・・・
だからあれで人との相性がよいかわかるので、お見合いに使うとか・・・
どうでしょ?
こあら☆

  • 2006/01/31(火) 09:40:07 |
  • URL |
  • こあら #-
  • [ 編集]

似ている

おお、西野流の活用法!
ダウジングとかOリングテストに似てますね。

  • 2006/01/31(火) 11:06:36 |
  • URL |
  • つあお #VoQM9Ejk
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2006/02/08(水) 15:43:40 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuao.blog10.fc2.com/tb.php/200-fdd56dd9

西野流呼吸法について

西野流呼吸法西野流呼吸法(にしのりゅうこきゅうほう)は西野皓三によって創始された健康法。ミトコンドリアの働きを高め、細胞のひとつひとつを活性化させるメソッドである。これによって身体知に目覚め、生きてゆくことの気持ちよさを実感しながら快活な生活が送れるとし

  • 2007/02/11(日) 20:27:34 |
  • やせる!