FC2ブログ

ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

棒をぼおっと見る

タイトルを見た皆さんは、きっと、あきれていることでしょう、あまりにインパクトのない駄洒落です。

オーケストラの各楽器奏者が指揮者の棒を見るのは、案外難しいものです。指揮者によっては「もっと棒を見て!」と言うし、「そんなに棒を見ちゃだめだ」という指揮者もいる。まあ、どちらもその場では正しいことを言っていることが多いわけです。

「暗譜してるからといって、じっと見すぎちゃだめ」というのは一つ真理。アンサンブルを怠るから。「ぴったりついていきすぎるのもだめ」というのも真理。棒が指示しているのはタイミングより流れである場合があるから。「視界の片隅に入れて、棒を感じる」というのはかなりの真理。以前、キンボーさんの練習でそういう系統のがありました。「棒は見ずにトップを見て合わせろ」なんて言うのも、レアケースですが、まったくダメな考え方でもないでしょう。

しばしばある指摘で、「棒を見ているだけでは合わないから、コンサートマスターの弓の動きを見て合わせろ」。厳密に考えると、棒が必ず厳格に振ってくれて、それにかっちり合わせると約束をしておけば、コンサートマスターの弓に合わせるのと理屈としては大差ないわけで、筋が通らない話です。まあこれは、コンサートマスターのほうは、物理的に音と弓の動きが一致しているのに対し、棒はあおるために早ぶりしたりするから、ぴったり合わせるには適していないし、そもそも奏者同士でのアンサンブルを大事にするために、コンサートマスターを見ろ」なんて意味も含まれていたりするのでしょう。

タイトルに戻ります。結局、棒は見ないのはまあ論外ですが、しっかり見すぎてもいかんので「ぼおっと見る」のがいい、という強引なこじつけをして、今日の話を終わります。m(_ _)m

終わると言いつつ1点だけ。「気功」的な視点の置き方で、焦点を一箇所に定めずに、両目の視界を広げる方法があります。そんなの、応用できたりしますかなあ。
スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

コメント

(@_@)

棒って、観客に見せるために振っているんだと思っていました (^_^; そうかあ、奏者も見なくちゃいけないのか...

  • 2006/06/12(月) 10:35:47 |
  • URL |
  • チェロ弾き #5.vZNaiI
  • [ 編集]

真理ですねえ(^^)

これはアマオケ(特にうちのオケ?!)連中に読ませたい一文!(笑) 良くぞ書いてくださいました!
ちなみに私の入っているオケはひたすら指揮者だけを見るタイプです。
さて、次回の演奏会はどうなるのかな~・・・

  • 2006/06/12(月) 12:01:14 |
  • URL |
  • はみぃ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuao.blog10.fc2.com/tb.php/243-7a485936
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。