FC2ブログ

ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

帰って来た人々

ここ一週間ほどの話ですが、しばらく音信不通だった知り合いから連絡があったり、メールが来たりということが続いています。多分、今、そういう局面? に自分がいるのかなと考えています。

・3年以上ぶりに知り合いのピアニストが来訪
有名な方ではありませんが、自分の活動を熱心に模索していた女性ピアニストOさんから電話があり、久しぶりにランチをご一緒しました。子供向けとか高齢者向けのコンサートに力を入れており、最近は、知られているレーベルからCDを出されています。そのCDを聞きましたがなかなか素晴らしい。苦労しながら活動を展開する様子に感心。

・ボランティアでアフガニスタンの人道支援に行っていた方からメール
2年ほど前に、Tさんが突然アフガンに旅立った時にはびっくりしましたが、無事帰ってらして何よりです。私の所属しているザ・シンフォニカというアマオケの演奏会に来てくださるということで、メールをいただきました。ありがたや。

・昔一緒に弾いたオケ仲間と街で遭遇
仕事で銀座周辺をうろついていたら、一服するために外に出てきたYさんにばったり。最近どこかで弾いているという話を聞かなくなったなあと思ったら、子育てにかまけていて、バイオリンは弾いていない模様です。バイオリンが凄く上手なのにもったいないなあ、と思いつつ、子育てにかまける心情もよく分かります。

・20年以上前にオケで共演、テレビ番組でもご一緒した人が覚えていてくれた
かつて私が某大学オケの演奏会にエキストラ出演した時のコンマスのHさんに、あるオケの練習でお会いしました。向こうから声をかけて下さったのですが、当時のことをだんだんと思い出しました。その演奏会後、三宅裕司さんが指揮をするという設定のあるお笑い系のテレビ番組にそのオケが出ることになって、私も出演させていただいたのですが、番組の終わりにブラームスの第一交響曲の第二楽章を演奏し、Hさんのソロが延々と流れていたのが大変印象的でした。伊東四朗さんなども出演しており、収録中は笑いっぱなしという、いい経験をさせていただきました。

最近つくづく実感しているのが、人との出会いの大切さです。偶然/必然は関係なく、出会いを大切にすることは、人生にツキを呼ぶのではないかと思うのです。これまでたくさん、いい人と出会って来ました。地方出身なのに、現在の某プロオケコンマスと幼馴染みだったり、大学では学科の教授陣が素晴らしく充実した時期に在籍することができたり(在籍年数が長かったという話もありますが(^_^;)、勤務先の関連で、この上なく素晴らしい演奏会企画に参加できたり。現在所属しているアマオケにも、素晴らしい人がたくさんいますし。

音信不通の方が戻ってくるのも、一つの出会いだと思います。大切に育まなくては。
スポンサーサイト






FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuao.blog10.fc2.com/tb.php/28-fed665f9