ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

自転車・自転車・自転車

新聞の夕刊各紙で、自転車のルール改定という記事。
乗りながらの携帯やオーディオは×。
当たり前じゃ。

一方で、朝日新聞の夕刊beでは自転車に乗る忌野清志郎の記事。清志郎さん、随分前から自転車に乗っていたかとは思いますが、途中でガンの治療で乗れない時期があったのですね。

自転車で思い出すのは、アムステルダムの自転車道。街中の歩道に隣接して非常にたくさんの自転車道が走っているのですが、この街はルールが厳格です。自転車道を歩行者が歩いていると怒られるのです(単に私が怒られたんですけど(^_^;))。

日本でも、太目の歩道で自転車用のレーンを作っているところがありますが、ほとんどは有名無実ではないでしょうか。自転車と歩行者は確実に別の道を通る。自転車だけでなく歩行者にもルールを厳しく守らせる。最近、自転車と歩行者との事故がクローズアップされていますが、自転車は健康面でもエコ面でも推奨されるべき乗り物ゆえ、今さらながら、インフラ作りとルールの徹底が急務だなあ、などと考えてしまいました。

自転車ツーキニストを自称する疋田智さんが著書で書いてましたが、日本はすべて中途半端なのですね。自転車道の整備はなおざりで、ルールの運用もいい加減。機敏さに欠けるお買い物チャリが普及しているので車道を走らせるのも危険。賛否ありましょうが、電動アシスト自転車は、スピードが出過ぎないようリミッターがかかっていて、車道を走るのには向いていないのだとか。

アムステルダムよりは東京のほうが坂は多いかもしれませんが、自転車人口の比率ではそれほど劣らなそうな気もします。自転車が歩道の邪魔者とならないためにも、幹線道路だけでも、自転車道の整備を始めてほしいものです。

疋田智さんの、首都高の真下に自転車道を作るというアイディアも面白そうですね。

パリで始まった乗り捨て式のレンタル自転車システムも要注目。とりあえず写真で見る限りおしゃれじゃ。
スポンサーサイト



FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuao.blog10.fc2.com/tb.php/287-e109a592
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。