FC2ブログ

ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

美術館展示室でラヴェルの弦楽四重奏曲

先日、ある美術館の展覧会場で、ラヴェルの弦楽四重奏曲全曲を生演奏で聴く機会を得ました。演奏していたのは、恐らく音大生だと思うのですが、非常に完成度の高い演奏で、展示品を見るだけではなくよい演奏まで楽しめたわけです。得をした、というのはこういう時に使う表現なのでしょうね。

で、特に専用の客席が設けられているわけではなく、展覧会場の片隅のそれも通路のようなところで演奏していたので、聴衆は集まりにくい状況でした。その中で、数名が前に陣取って聴き入り、普通の人は自由に展示された絵を見ているという、全体的に見ればほぼBGM状態。それはそれで悪くないのですね。最初からBGMということで演奏を依頼されたのだろうし。

おかげで普段はなかなかできない経験もさせていただきました。演奏中でも聴衆の私たちは移動が自由なので、いろいろな距離から聴くことができたのです。

演奏者が上手だからなんですけど、まず、すぐそばで聞くと、大して大きな音が出ていないけれども、倍音はとても豊か。少し距離を置くと、よく鳴っているように聞こえ、さらに離れると、ゴージャスに響いているように聞こえる。

プロ(あるいはその卵)だったら当たり前なのかもしれませんが、音程もいいし、表現も素晴らしい。しかし、今回思い知らされたのは、豊かに響くよい音を作ることの大切さでした。これも頭では分かっているんですけど、日々曲と対面していると、その大切さへのこだわりを、これまで、ちょっとあっちの棚に置いてしまっていた。この演奏を聴いて、そんな気がしてきました。

ということで、やはりよい響きを持つ音へのこだわりをもっと強く持とうと思いますです。
スポンサーサイト






FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuao.blog10.fc2.com/tb.php/32-57671276