FC2ブログ

ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

ブルックナーの「未完の美」

現在練習中のブルックナーの第九交響曲は、未完の大曲です。第4楽章が書きかけの段階で作曲家が没してしまいました。明日(6/26)の私たちのコンサートでは、通例通り、第3楽章までを演奏して終わります。

ブルックナーは没する9年ほど前にこの曲の作曲に着手し、没したその日まで第4楽章の作曲をしていたといいます。まさに命の限りを尽くして作曲していたわけですが、第4楽章補筆版やアーノンクールによる「講演+第4楽章の断片集」などの実験的な試みを除けば、大方のCDは第3楽章で終わっており、それを聴き慣れているせいか、これで終わって不自然でないと感じているのは、私だけではないですよね。

この曲、第3楽章(=通例演奏の最後の楽章)の冒頭がマーラーの第九交響曲の第4楽章(=終楽章)の冒頭と似ていることもあり、マーラーが静かに終わることから、ブルックナーも静かに終わっても自然だなあ、なんて感じたり、死へ向かったブルックナーとしては相応しい、つまり鎮魂的な終わり方だと納得したりもしてしまいますよね、ね、ね。

ただ、ブルックナーとマーラーって、一つの交響曲が長いところは似ているのだけど、曲想はまったく対照的。それを似ているなんていうのだから、強引なのかもしれませんが、9番に限っては、結構似ているように感じるのは、ひょっとしたら作曲家が番号に捉われたような部分があるのかもしれませんね。(今日は「ね」で終わる段落が多い(^_^;)

というわけで、ブルックナーの第九は、まさしく「未完の美」の形容に相応しい曲だと思います。勝手に想像することを許していただければ――
全精神を注入して書いた3楽章までのできばえがあまりに素晴らしく感じられ、自分で納得できる4楽章がどうしても書けないブルックナー。3楽章までで、十分昇天してしまうからです。今書いている4楽章では、どうしても地上に戻って来てしまう…そうこうしているうちに、本人が昇天してしまった…。(この物語はフィクションです!)

ブルックナーは改訂好きで、何度も同じ交響曲に手を加えていますが、それと第九が3楽章で終わっているのとは、やはり「未完」のあり方が少し違うように思います。

ところで、美術分野でも未完成で素晴らしい作品が時々あります。例えば、ミラノのスフォルツァ城にあるミケランジェロの彫刻「ロンダニーニのピエタ」。この作品も、ミケランジェロが死ぬ数日前まで彫り続けていたのだそうです。ミケランジェロは当時としては大変長生きしており、この作品を彫っていた時は80歳代でした。

ミケランジェロの作品には、もちろん完成作に素晴らしいものがひしめいていますが、「ロンダニーニのピエタ」には、未完ならではの美があるように感じます。ミケランジェロがそこで鑿をふるっている様子を想像する(*)のです。完成作ではミケランジェロの姿は見えてこない。未完の作品では、言わば、作家が注いでいるエネルギーをも同時に感じることができるのだと思います。

時代もジャンルも違えど、宗教作品を多く作ったミケランジェロもオルガニストだったブルックナーも、教会を舞台に活躍することの多い芸術家でしたね。神の前で、人間と言う存在の未完成ぶりが身に滲みたりしたこともあったのでしょうか。でも未完成も面白いですね。だから人間も面白いのだな。うん、とりあえず、うまくまとまりました。



*「ミケランジェロが鑿をふるう姿を想像する」という発想は、ミケランジェロの数々の彫刻を撮影した写真家、増浦行仁さんの言葉から想を得ました。「おれは土門拳になる」という書籍が参考になります。
スポンサーサイト






FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

コメント

ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当ランキングサイトに登録しませんか?
http://bestblogrank.zmapple.com/
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://bestblogrank.zmapple.com/regist.php?title=%82%D9%82%D9%82%D9%82%CC%92E%97%CD%83%81%83%82%20&address=http%3A%2F%2Ftsuao%2Eblog10%2Efc2%2Ecom%2F


お問い合わせはコチラから
http://bestblogrank.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi

  • 2005/06/25(土) 12:55:57 |
  • URL |
  • BESTブログランキング
    #-
  • [ 編集]

自己レスです(「自己コメ」と言うんだろうか?)。
当日のプログラムを見たら、わがオケの中で、ブルックナーに非常に詳しい者が解説を書いておりまして、第4楽章は「ブルックナーがあと数ヶ月生きていれば完成されていたであろう」との記述がありました。多分、その見解のほうが、私の書いたことよりも真実に近いと思います。

一方で、ブルックナーの第九は、やはり「あの世」に向かっている音楽であることも、否定できないのではないか、だから、3楽章で静かに終わるのも、結果的には? 必然だったのではないかなあと感じ続ける今日この頃であります。

というのは、アーノンクールのCDで4楽章の断片集を聴いたことがあるんですけど、あれを組み合わせた結果として、3楽章まででいい具合にまとまった美をさらに展開させて立派な曲として完成する気がしないのですよねー、個人的には。

  • 2005/06/28(火) 02:28:28 |
  • URL |
  • つあお #VoQM9Ejk
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuao.blog10.fc2.com/tb.php/45-0d9555b5