FC2ブログ

ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

楽器との出会い

「チェロと出会ってから20年になります」――こんな言い方をされていたのは、昨日このブログで書いたチェロとパントマイムのパフォーマンスに出演されていたチェリストの方です。インタビューの了承を取ったわけではなく、個人的に話をうかがったことですので、実名を出すのは控えさせていただきますが、実験的な音楽の分野では、有名な方のようです。たくさんのエフェクターを使い、多重録音に自分のライブ音をかぶせるなどの手法で、即興的な要素を巧みに取り入れて新時代の音楽を紡ぎ出す様は、スティーヴ・ライヒも顔負けと感じました。

なぜ冒頭の一節をあえて取り上げたかというと、「出会う」という言葉を使われたからです。これはまさしく、相手、つまりチェロに対してひとかたならぬ感情をお持ちであることの表れだと見ました。しかも、驚いたことに、チェロを先生について習ったことは、今まで一度もない、と言います。

ちょいと死語を使わせていただきますと、この方は大変かっ飛んだ演奏をしていらっしゃったのですが、それは確かな技術に裏打ちされた演奏でした。例えば、ピカソのアバンギャルドな作品が、実はしっかりしたデッサン力に支えられているのと同じです。

私はこの方、技術がしっかりしているので、音大を出た後、クラシックではない道を選んだのだろうと勝手に想像していました。実は、休憩時間にバッハのような曲も弾いてましたし。ところが、衝撃は音大出ではなかっただけではありませんでした。何歳でチェロを始めたかはうかがわなかったのですが、諸データから類推すると、20歳を過ぎてチェロとの「出会い」があったようなのです。

もちろん、独学で技術を習得する才能をお持ちなのでしょうけど、根底には、チェロへの限りなく強い「愛」があるような気がしませんか。まあ、愛があるだけではうまく行かないのもよくある話で、片思いで終わらないためには、研究もされたようです。「癖を悪いことと決め付けず、逆に生かすことだ」と、その一部を教えていただきました。

一目ぼれだったのか、ある程度交際を重ねて愛を育んだのか、聞いておけばよかったですね。

それにしても、世の中には、まだ知らない素晴らしい方がたくさんいるのだろうなあ。
スポンサーサイト






FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuao.blog10.fc2.com/tb.php/61-ad8db915