FC2ブログ

ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

モノづくりと道具を使う喜び

先週、都内から逃亡した際に、友人の家族とウチの家族で「ステンドグラス作り」なるものにチャレンジしてみました。とは言っても、すでに図柄に合わせて切断されたたくさんのガラスのパーツを、薄い銅板製のテープとハンダで組み立てるという、言わば最後の工程だけを体験する内容。それでも、20パーツくらいあるいろいろな色のガラス板を組み立てるのに、3人がかりで3時間以上かかったかな、なかなか大変な作業でした。

図柄はいろいろある中から選べるのですけど、作品の大きさよりもパーツの数のほうが作業時間に影響するということで、初心者の私たちは比較的パーツ数の少ない「猿」(何でや(^_^;))を選びました。

作業内容を大雑把に記すと――
◎すべてのガラスのパーツの切断面を銅のテープで巻く(*)
◎巻き終わったら、ハンダで各パーツ同士を付ける
◎つるすための鎖を最後にハンダでつける

銅のテープはガラスの断面よりやや幅がある程度で、ガラス断面との接着には結構神経を使います。

ハンダは電気ハンダごてで付けるのですが、息子(10歳)などは初めての体験ですし、やはり熱いですから、細心の注意が必要です。

で、出来はともかく、こういう作業をするのは、大変楽しいものですね。体を使って何かものを作ることと、道具を使って何かをすることは、人間の根源的な欲求を満たすものなのだということを実感できました。

以前も、近くの公園のイベントで竹とんぼを作ったり、やはり夏休みに遊びに行ったところのワークショップで、竹でギロを作ったりした際にも感じたことです。刃物とか、半田ごてみたいなものを操ること自体、楽しいものなのですよね。

そういう意味では、作業内容にもよりますけれども、世の中、あまりオートメーション化が進みすぎるのも、考え物なのかもしれません。まあ、年賀状の宛名書きとか、PCで印刷していて手書きに戻れない…なんてこともありますが。(^_^;)まあ、あまり深く考えないことにしよう…。

ちなみに、アボリジニの人たちなんかは、自分で演奏する楽器は自分で作る、というようなことも本で読んだことがあります。バイオリンの場合も、そうできるといいのだろうなあ。しかし、自分で作ったバイオリンの音は、きっと、うぎゃあ、ってことになるんだろうなあ。



*なぜガラスに銅のテープを巻くのか――ハンダは銅にはつくけど、ガラスには付かないのです。銅のテープには接着剤がついていて、巻くとガラスに固定されます。だからテープを巻くとガラスの断面同士がハンダで接着可能になる、というわけです。
スポンサーサイト






FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

コメント

書道なんかおススメですが?!

お葬式の受付をしてるときに達筆な方が書かれているのを見て「こ、コレは!!!」と思って安価な墨と硯と筆でやってみたのですが、なかなかボーイングに近いもんがあります。力加減の調整・思い切り・スピード感など。そもそも構成要素も同じ棒と馬毛(あれ?)だからでしょうか。うまいことこちらも趣味になれば年賀状ラクラクですよ・・・わたしはその一回しか書いてません。そして他人に勧める。ま、もし機会がありましたら。(手書き文字のとこに書こうかちょっと迷ってたのですけど敢えてこちらにしました)

  • 2005/08/11(木) 18:34:37 |
  • URL |
  • 魚丸 #6HzbUsIM
  • [ 編集]

おお、さすが、good exampleです。やってみたいっすね。筆ペンでもいいすかねえ。
今日、「うおみ」という居酒屋で飲み会がありました。関係ないか。
PC環境、半分復旧しました。完全復旧にはもうしばらくかかりそうです。

  • 2005/08/12(金) 01:31:30 |
  • URL |
  • つあお #VoQM9Ejk
  • [ 編集]

武術の達人は書もうまい

追加レスですが、「グリーン・デスティニー」という中国武術の映画で、剣の達人は書もうまい、という場面があったのを思い出しましただ。剣も書もうまい達人は、チャン・ツィーが演じておりますです。バイオリンの達人はどうなんでしょうね。

  • 2005/08/12(金) 18:00:14 |
  • URL |
  • つあお #t0zgkANM
  • [ 編集]

う~ん・・・

私の知り合い限定ですが、ヴァイオリン上手は字が下手ですね。ちなみに私はきれいな字と言われますが真実はどこに・・・。
筆ペンと墨・筆の関係はサイレント(他でも可)とフツーのヴァイオリンの関係に等しいのでは。というわけで、別物でしょうね。墨をゴリゴリやるだけで結構フゥッと肩の力が抜けていい感じでしたが、その後やっておりませんのはあまりの字のまずさに原因がありそうです・・・・もしかすると、水墨画とかそっち方面のほうがまだマシかもしれません。

  • 2005/08/13(土) 19:35:53 |
  • URL |
  • 魚丸 #6HzbUsIM
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuao.blog10.fc2.com/tb.php/86-e953a4dd