FC2ブログ

ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

協奏曲のオケは伴奏ではない

「協奏曲のオーケストラは伴奏ではない」という素晴らしい教えをいただいたのは、現在室内オーケストラで練習しているモーツァルトのバイオリン協奏曲の練習を見ていただいたある指導者からです。いや、これ、元々分かっているつもりではいたことです。例えば旧来「バイオリン・ソナタ」と呼ばれていた作品などでも、ピアノは伴奏ではなく、2台の楽器のデュオだということは認識しているし。

しかし、我々アマチュアがソリストと共演する場合、ソリストが凄い人であればあるほど、知らず知らずのうちに「伴奏」になりがちなんですね。TUTTIの部分はまだしも、ソロが出てきたらひたすら音量を落とすことに徹するとか、うまくつけることに最大の神経を注ぐとか。

そうしたことはもちろん、ソロを聴かせるためには大切なのだけれど、それだけでは協奏曲の音楽が半分しか生きないということが、その練習でよく分かりました。それまでは、ソリスト本人も代弾きもいない協奏曲の練習は、はっきり言って物足らなかったのですが、オーケストラが音楽すると、ソロなしでも、十分楽しめるようになるから、それがまた凄い!

もちろん、ソロと合わせる時には、オーケストラがやたら主張して、ソロを邪魔するような真似をしてはいけないでしょう。しかし、思い起こせば、ヨーロッパのオケと優れた演奏家の演奏する協奏曲は、オーケストラも大変生き生きしていて、両者が音楽を高めあっているものです。

というわけで、何だか、素晴らしい演奏会になりそうな予感がして来ました。
スポンサーサイト






FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

コメント

はじめまして!

「協奏曲のオケは伴奏ではない」って題に惹かれて来ました☆

僕はクラシックピアノを学んでいるけど、ピアノ曲だけにしても、同じことを感じます。

自分で認識してるだけなのと、つあおさんの記事を読んだあとでは、気持ちの中で大切さが増す感じで、なんだか支えになりますね☆

演奏会、頑張ってください。

  • 2005/05/16(月) 02:24:38 |
  • URL |
  • Ryo #2KLS3XHY
  • [ 編集]

Ryoさん

コメントありがとうございます。
ご指導いただいた先生は、実は、ピアニストなんですよ。ピアノを学ぶ方は、他の楽器奏者と共演するのがとても勉強になるんだけれど、日本のピアノ教育では、その機会が少ないし、そんなことをしているとソロが下手になるという理由で、あえてそういうことを拒否される教育者もいて、それはおかしいとおっしゃってました。

  • 2005/05/16(月) 08:42:42 |
  • URL |
  • つあお #VoQM9Ejk
  • [ 編集]

つあおさん

素晴らしい先生に師事してらっしゃいますね☆
一度、つあおさんの先生の講座か何かがあれば、ぜひとも聴講したいです(よろしければ、そして、講座を開いていれば。。。ですが。。。^^;)。

僕はその話しは知らないものの、僕も、他楽器との競演を拒否されることは、あまりいただけないと思います。

僕の師事している先生は、「ピアノ曲もオケを想定して組み立てろ」と言います。ピアノ曲も、他の楽器で旋律を奏でるイメージを持つなど、様々な方法で、音に色や表情をつけることを教えてくださります。

外国の先生の聴講をすると、「この部分で作曲者はこんな感じで、。。。だったんじゃないかな。」などと、情景を伝えてくださり、様々なことを関連付けて創造力も鍛えてくださります。

まとめベタなので、長くなってごめんなさい。

でも、音楽を愛する。。。って言うと変かもしれませんが、そんな方がいることに、ホッとしました。

  • 2005/05/20(金) 04:16:21 |
  • URL |
  • Ryo #2KLS3XHY
  • [ 編集]

Ryoさんの先生の教えも興味深いですね。同じ曲でも、より立体的な演奏になりそうな気がします。

先日ご指導いただいた先生が公開講座を開いているという情報は今のところありませんが、ご紹介できるような講座がある場合は、こちらでお知らせしますね。

  • 2005/05/20(金) 08:12:52 |
  • URL |
  • つあお #VoQM9Ejk
  • [ 編集]

ありがとうございます!
講座があるときは、是非、お願いします☆

  • 2005/05/26(木) 03:28:57 |
  • URL |
  • Ryo #2KLS3XHY
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuao.blog10.fc2.com/tb.php/9-d203247f