FC2ブログ

ほほほの脱力メモ

バイオリンと気功をお気楽に精進してα波に満ちた日々を過ごすためのメモブログです。キーワードは「脱力」です。話はいろいろ飛びそうです。

ピタゴラスイッチの展覧会

ギンザ・グラフィック・ギャラリーってところで、「佐藤雅彦研究室展」という堅い名前?の展覧会をやっとります。佐藤雅彦研究室ってのは、NHK教育放送の「ピタゴラスイッチ」のタイトル画面で登場する、ボールやら何やらがころころ転がったりストンと落ちたりヒューと綱を渡ったりして最後にスイッチが入る凄い仕掛け「ピタゴラ装置」を作ったり、「アルゴリズム体操」を考えたりしているところなんす。

その研究室は慶応SFC(湘南藤沢キャンパス)、佐藤教授自身も電通で働いていたことがあったりするそうで、それを聞くだけでも、何かオモロソウなにおいがしますよね。

「ピタゴラスイッチ」は短い番組ですので、知らない方は、録画したりしてごらんになると、結構感心なさる方も多いと思います。「ピタゴラ装置」、凄いんすよ。ボールを転がすのはごく一部、何らかの方法で「動き」をどんどんどんどん伝えていく「ピタゴラ装置」面白さは、平日に毎日やっている(はずの)テレビでご確認ください。見たことのある方は、きっともううなずいているはず。

今日言いたかったのはそんなことじゃなくて、その「ピタゴラ装置」、生で見ると、またテレビとは別の味わいがあっていいなあ、と思うことなんす。やっぱりライブに限るっていうかね。「ピタゴラ装置」は空き缶とか古書など使い古した品を組み合わせて作られておりまして、それを間近に眺めると、「おお、よく生まれ変わったなあ!」と、得体の知れぬ共鳴感のようなものが生まれてくるのですな。

佐藤さんの研究室のキーワードは「動く」ことにあるようで、ピタゴラ装置以外にもコンピュータ使ったりしておもろい仕掛けをたくさん作ってますだ。

で、この展覧会を見て思うのは、やっぱやわらか頭を持たなあかんな、ということっすかね。佐藤研究室のやわらかさは、ぷよぷよだと思います。
スポンサーサイト






FC2 Blog Ranking【←いい記事だと思ったらクリックしてみて下さいネ】

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuao.blog10.fc2.com/tb.php/91-a55b3159

ピタゴラスイッチの

ピタゴラ装置の本物も見れる佐藤雅彦研究室展へ行ってきました。場所はギンザ・グラフィック・ギャラリーで無料です。ベビーシッターの友達が居なかったらスルーしてたであろうこの展覧会。行ってよかった!楽しかった!大人も子供も楽しめる→これホント。

  • 2005/08/26(金) 00:58:40 |
  • NO or KNOW future